「HSPの適職」にこだわりすぎず、やりたくない仕事をやらずに済む努力の方が大事

「HSPの自分の適職は何なのだろうか?」
「今の仕事は向いてない気がする。。。。」

これを読んでいるあなたはこのように思っているかもしれません。

ということで、今回はHSPの適職について、僕が思う所を書いていきたいと思います。

 

僕の意見としては、「HSPの適職から自分の仕事を選ぶ為に時間を割くのではなく、やりたくない仕事をやらないように努力をするのがベスト」という感じです。

 

HSPの人の適職はなんだかんだ難しい

 

「HSP 適職」という言葉でググったことがある人は多いと思います。

ただ、実際に検索結果を見てみると。。。。

・音楽家
・画家
・小説家
・心理カウンセラー
・ソーシャルワーカー
・酪農家
・農家
・フラワーデザイナー
・教師
・塾講師
・インストラクター
・学者
・ライター
・会計士
・僧侶、聖職者
・研究者

などの職業をよく見かけますよね。

ですが、、、、

「うーん、なんかピンとこないし、なりたいとあまり思わないなあ」と感じた人も非常に多いはずです。

 

僕も自分がHSPだとわかった時に、この「HSP適職リスト一覧」を初めて見ました。

 

ただ、全く興味がない仕事ばかりでした。

「音楽家とか、芸術家とか興味ねえし・・・」と思いましたし、実際になりたいとも思わなかったわけです。

 

そして、僕が一番思ったのは、
「お金で結構苦労しそうだな。。。」
というイメージです。

 

もちろん、かなり優秀な人であれば、
音楽家とか小説家でも食ってけるかもしれませんが、
僕にはそんなセンスも興味もなかったです。

 

HSPは芸術的センスがあるとか、
直感があるとかクリエイティブがあるとか、
言っている人は多いんですけど、

実際の所、興味とか才能がないと、
明らかに難しいです。

単純に「HSPだから、向いてる。。。」とは言いにくいような気もするんです。
これらの職業って。

 

例えば、HSPの人でも、直感が強い人もいれば、弱い人もいます。
HSPの人もいれば、HSSの人もいます。

結局は、その人次第になっちゃんですよね。

 

そして、僕にはクリエイティブな才能や直感力があったわけではなかった。

だから、本当にどうすればいいのかわからなかったです。

 

「HSPの適職って言っても、僕は一体、どうすれば良いんだろう・・・」
「別に優れたセンスがあるわけじゃないのに。。。。」

そんな風に1人で悩み続けていた時期がありました。

 

 

だから、僕的には、「HSPの適職の通りに仕事を探す」ってのはオススメしません。

 

 

適職と言っても、人間関係が悪いと意味がない

 

もちろん、普通の会社に勤めて、働くよりも、先ほど出てきた仕事の方が向いてる可能性は確かにあります。

ですが、結局の所、どんなに適職についても、
職場の人間関係が辛いと終わります。

「仕事自体は好きだけど、人間関係が悪すぎて、毎日疲労困憊する」

こーいう状態になってしまうわけです。

実際に僕の知り合いにもいました。

昔から着実に仕事を進めたり、
緻密な計算をやる会計士についたのですが、
会社の人間関係が崩壊していて、

上司が怖すぎる、
普通に女性社員同士でいじめがある、

みたいな。

 

彼は会計士の仕事は資格を取ってまで、
なったからこそ、簡単にやめられない。

それに仕事は好きだし、、、、、

でも、毎日が辛すぎる。。。。。

みたいな状態だったそうです。

 

適職についたのに、
人間関係が悪いとか、
地獄ですよね。

 

適職を探すよりもやりたくない仕事をやらないようにする

 

で、僕の意見なのですが、適職に就いたとしても、最終的には職場次第で、辛いか楽なのか、楽しいのか、つまらないかの全てが決まってしまうように思います。

 

なぜかと言えば、自分が適職だと思っても、職場環境や人間関係が悪いと、HSPにとっては地獄だからです。

また、今は適職だと思っていても、仕事を始めたら、思ってたよりつまらなかったとか、数年経って完全に飽きてしまったとかも普通にあります。

 

「適職」というのは非常に曖昧なものなので、一気に変わる可能性があるわけです。

 

だから必死に、「適職は一体何なのだろうか?」と探すのは、少し現実的ではない気もします。

それよりも僕は、「自分がやりたくない仕事」をやらないように努力をするという方が、人生を長い目で見た時、圧倒的に得だなと思ってます。

 

例えば、僕は会社でずーっと書類整理をし続けたりとか、営業をしたりとか、そーいうことは絶対にやりたくありませんでした。

というか、それらの仕事が自分にはできるとは思わなかったんです。

実際に会社で働いていても、「周りの上司がイライラしてる光景」を見ると、ヒヤヒヤしてしまいましたし、マルチタスクの業務に取り組み続けていると、何もできなくなってしまう。。。

 

「なんでこんなに自分って使えないんだろ」

そんな風に呟くこともありましたから。。。。

 

 

で、僕がやりたくない仕事を考えて行ったら、「会社での仕事」は全部選択肢から排除されたわけです。

その時はやりたい仕事みたいなものはなかったけど、「やりたくない仕事」は大量にあった。

 

だからこそ、先ずは「やりたくない仕事を消す」ということを考えたわけです。

 

僕はやりたくない仕事が多すぎたから、ネットビジネスを始めた

 

そして、実際に僕がネットビジネスを初めたのも、「これ以外に道はない。ネットビジネスで稼ぐしかない!」と思ったからです。

 

僕はできない仕事、やれない仕事が非常にありました。

・コンビニのバイト
・マルチタスク
・営業dw、お客さんとずっと話し続ける
・机のデスクに座って、長時間デスクワークを続ける

僕はこれらの仕事が嫌だったからこそ、
「やりたくない仕事」をやらずにすむように、
ブログを書き始めました。

 

全ては、「会社で働きたくない」という思いがあったからこそ。

その一心で続けてきたように思います。

適職ではなく、自分が情熱を捧げる仕事をやる

 

それに、HSPの人と話してて思うのですが、「自分にしかできない天職」みたいなものを探している人が多いです。

 

僕の持論なのですが、HSPの人は仮に適職についても、やっぱり、心のどこかで天職を探してる人が多いです。

 

「確かに今の仕事はやりがいもあるし、それなりに楽しい。。」

「でも、自分はこの仕事をやり続けるべきなんだろうか・・・・・・」

と1人で悩み続けてしまう。

 

昔からずっと探していた、「自分の使命」が見つかるまでは、今の仕事に疑問を頂き続けてしまう、

こんな人が多いように思います。

 

だからこそ思うのですが、「適職」なんか安っぽいもので定まる人は少ないんですよね。
それよりも、自分が本気で情熱を注げる仕事の方が100倍良いです。

 

 

情熱を捧げれば、HSPの人は本気で没頭して仕事をします。

仮にお金が最初の段階では多くもらえなかったとしても、
勝手に仕事をどんどんしていくので、
それに伴ってお金もついてくるわけです。

 

情熱を捧げることができれば、
仕事が辛いとか、毎日働きたくないとか、
面倒くさいとかそーいう気分が出てきません。

 

「適職」は最適化にすぎません。
それよりも、情熱を持って本気で取り組める仕事に打ち込む方が僕はいいと思うのです。

 

 

僕はネットビジネスに情熱を注げて頑張れてます

 

で、僕はどうなのかと言うと、ネットビジネスに情熱がかなりあります。

というのも、Webで学んだスキルは超貴重で、希少性があります。

例えば、「Webで商品を売りたい・・・」とか、「HPにお客さんを集めたい・・・」と思っている人には簡単にアドバイスできるようになるんですね。

まずここで、かなり楽しい。

そして、ネットビジネスというのは、世界中どこでも、どんなお客さんにもアプローチをすることができます。

例えば、僕は受験の塾をネットで配信してるんですけど、「家庭環境が悪くて塾に行けない」って子を教えたりとか、指導してたりします。

すると、偏差値が伸びましたとか、勉強が楽しくなりましたみたいな声が大量に届くんです。

 

楽しいとしかいいようがありません。
自分が作ったものをネットで読者に送り届けて、それで悩んでる人に感謝される。

超やりがいがあります。

 

ネットビジネスの素晴らしいところは、「読者の悩んでいること」に対してフォーカスを当てる為、どんなブログやサイトを作ったとしても最終的に価値提供をする必要がある点です。

 

つまり、読者を喜ばせるということが目的となっているので、めちゃくちゃ楽しいんですよね。

 

僕は会社で仕事をしていたりとか、バイトをしていても、「これって本当に人々の役に立ってるの???」とか、「こんな仕事いらないんじゃね?」と思うことが多かったです。

 

でも、実際に自分でネットビジネスをして、コンテンツを世に送り届けて、感謝されると、「この仕事をしてよかったわー」という気分になるんです。

しかも、自分のペースで場所や時間を選ばずに、好きなように働ける。

 

楽しくないわけがありません。

 

一応言っておくと、「ネットビジネスをやるなら、全員情熱を持て!」と言うつもりはありません。

別にブログを書いたりするのに、情熱がなくても稼ぐことはできます。

 

 

会社からオファーをもらって、嫌な仕事をする必要がなくなった

 

で、こんな感じでマーケティングのスキルを身につけて、ネットビジネスをやっていると、会社などからオファーがかかるようにもなります。

「ひろむさん、ウチの会社で働きませんか?」

みたいな感じで誘われるわけですね。

 

 

僕の場合、マーケティング担当だったり、サイトを作ったりとかで完全在宅で月に50万とかもらえる仕事だったのですが、普通に断りました。

やはり、僕は自由気ままに仕事をしていたいですし。

 

 

でも、もしそーいう感じで働くことになったら、僕はやりたくない仕事をやる必要はないということです。

だって、そーいう会社のオファーをもらえればいいだけだから。
やりたくもない営業の仕事とか、書類整理とかの仕事は選ばなくて済みます。

 

だから、「やりたくない仕事をやらないための努力」をするだけで、かなりストレスは軽減されていきますし、快適に過ごせます。

 

 

ネットビジネスで稼いでから適職とかあまり考えたことがない

 

そして、僕はネットビジネスで稼げるようになってから、あまり「適職」みたいなことを考えたことがありません。

 

それよりも、「天職」とか、「世のため人のためになってるのか?」とかそーいう部分ですね。

考えることが多いのは、そっちかなと。

 

というのは、ネットビジネスのスキルを身につけてしまうと、趣味や遊びでもマネタイズができるようになるからです。

 

例えば、知り合いで街中でナンパをしている人がいるのですが、ネットビジネスの勉強を始めて、ブログ制作や、マーケティングを学んで、ナンパ塾を開いてお金を稼いでる人もいます。

占い師の人でも、マーケティングを学んで、「恋愛×女性OL」というコンセプトで、お客さんを集めまくっている人もいます。

後はマットレスが好きで、体に良いマットレスを1ヶ月に10本以上売りまくって、それで毎月50万くらい稼いでる人もいます。

 

 

要は、趣味や遊びや仕事がお金になるからこそ、自分が取り組める仕事の幅が広がるのです。
だからこそ、適職とかいう安っぽい部分に収まらない。

 

適職よりも、転職を。
やりがいよりも、情熱を。

 

それが僕の個人的な想いです。

 

それにしても、ネットビジネスを始めて本当によかったなと思います。

ネットビジネスを始めたからこそ、
趣味も遊びもお金にできるし、
自分の好きなように働くことができます。

朝はきっちり早く起きる必要はないし、
平日の昼間っから新幹線に乗って、
旅行に行くことも可能です。

 

それで、旅行先でブログを書いたりとか、
仕事をして行ったりで、作業ができる。

お金も普通に入ってくるからこそ、
自信もつくし、心も安定していきます。

ネットビジネスやってなかったら、
多分、僕の場合、転職ジプシーに、
なっていたのは間違いありません笑

何回も何回も転職を繰り返して、
1人で悩み続けていたはずです。

生きづらさを抱えながら毎日、
苦しい思いを抱えていたことでしょう。

 

それがなくなって、本当によかったなと。
適職の話をしていて思いました。

 

最後に

 

こんにちは、ひろむです。

僕は、HSP(Highly Senstive Preson)と呼ばれる「繊細で神経質」な気質を持っていて、社会に馴染めず、人生に絶望していました。

 

今では、ネットビジネスでブログを使って、毎月100万以上稼いでいます。

「ネットで月100万稼いでます!」なんて言うと、「胡散臭い。。。」と思うはずです。

 

昔の僕だったら
「月100万稼ぐとか詐欺に決まってんだろ。。。」
「ありえねーわ!」
と拒絶反応が出ていたと思います。

 

ですが、実際に僕はブログを使って稼げるようになって、ストレスフリーに毎日を送れるようになりました。

 

HSPの気質があったこともあり、

・定時で帰れる簡単な仕事ですら疲労困憊してしまう
・イライラした人や落ち込んでる人が近くにいると、疲れてしまう
・マルチタスクの仕事ができず、上司の些細な言葉で傷ついてしまう

という生き辛い毎日を送っていました。

 

「なんで自分は他の人のように仕事ができないんだ・・・」
「どうして、僕はこんなに疲れてしまうんだろう・・・」
「楽しいはずなのに、どうしてこんなに苦しいんだろう・・」

と心が常にざわついていました。

 

「自分は社会で、この先やっていけるのだろうか?」と何度も不安になり、「死んだ方がマシなんじゃないか・・・」と何度も死にたくなっていました。

 

ですが、ネットビジネスを通して稼げるようになり、
毎日の生き辛さから解放され、
心も表情も変わっていき、前向きになれるようになりました。

 

お金も十分稼げるようになったことから、
満員電車にも乗らずに済むようになったし、
イライラしてる上司と仕事することもなくなりました。

 

行きたくもない飲み会に行く必要もありませんし、
家で昼までぐっすりと寝て、毎日本を読んだり、
温泉旅行に出かける生活を続けています。

 

「ひろむさんは本当に変わりましたね!」
「数年前とは別人みたいです!」
「人ってこんなに変われるんだなって希望を持ちました」
と昔の知り合いからは言われるようになり、
本当に人生を変えることができました。

 

 

僕はこれまで生き辛い人生を送ってきましたが、
自分の経験を元に、

「無理して生き辛い社会に合わせる必要はない!」
「嫌だったら会社から逃げていい!」
「繊細で敏感な人でも生きれる環境はある!」
という思いを込めてブログを作りました。

 

「ビジネスを通して人は変わることができる」

僕はそう思っています。

 

そして、僕のHSPで悩み続けた過去や、経歴をブログ読者の方限定で話しています。

 

・HSPで毎日の生き辛さに絶望した僕が何をしたのか?
・なぜ月に100万以上を稼いでストレスフリーに生きてるのか?
・なぜ毎日を楽しく過ごすことができるようになったのか?

 

これを以下の講義で学ぶことができます。

 

軽く読み流すだけで勉強になる内容を話してるので、
是非目を通してもらえればと思います。

 

▽下の画像をクリックすることで、無料でダウンロードできます
画像の説明文

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です