【優柔不断】僕は1人で不安になりすぎたり、同じことで悩みすぎてしまう癖がありました

こんにちは、ひろむです。
僕が昔からずっと悩んでいたことについて話します。

それは、「頭で考えすぎてしまい、行動できなくなる」という癖です。

不安で色々なことを考えすぎてしまい、結局、動けない。

 

「もし行動して失敗したらどうしよう。。。。」
「うまくいかなかったら、どうしよう・・・・」

こーいうことで常に、新しいことに挑戦する時に、動けなくなってました。

 

これは別にどんなことでもそうです。

何か新しい趣味を始める時でも、会社で仕事をする時でも、どこかに旅行しに行く時でもそうです。

 

常に不安でしたし、積極的に動く、行動するということが苦手でした。

 

で、HSPの僕が一番嫌いだった部分も、
「自分が優柔不断すぎる」
ってことでした。

 

というのも、

・仕事中に、何か思い切った決断を下すことができない
・決断を下せないから、仕事が遅いと言われる
・慎重すぎて、何事も自分で決められない
・頼りなく思われる

ということでした。

 

だから、他の人からは、

「ひろむ君はトロいんだよ。もう少しパッパと動けよ」
「あれこれ考えすぎです、もう少し雑に考えましょうよ」

と怒られることもしばしばありました。

「でも、そんなにサクサク決断して、ミスするのが怖い・・・」
とは思うものの、いざ行動にはうつせない。

 

むしろ、「なんでみんなそんなに、早く決断したり、何も考えずに行動できてしまうんだろう」と疑問に思ってしまうこともありました。

特に現代社会ではスピードが求められますから、「遅い」ということは害だとみなされます。

仕事が遅いとダメ。
報告が遅いとダメ。
連絡が遅いとダメ。
相談が遅いとダメ。

どんなことでも「早く、正確に」が基本となっています。

だからこそ、僕は昔から常に優柔不断なこともあり、毎日が息苦しかったです。
常にスピードを求められるこの日本社会に馴染めなかったわけです。

例えば、仕事をする時も、「ちょっと仕事見ててやるから、急いでやれ」と言われると、気が動転してしまいました。「自分のペースで仕事がしたい。。。」とは思っても、なぜか仕事を見られると緊張して、パニックになってしまう。

そして、周りに人がたくさんいたり、イライラしてる人が近くにいると、作業ができなくなる。

その中で、「急いで仕事をしろ!」と言われるからこそ、頭が真っ白になってしまう。

当然、早く正確に仕事なんて気できなくなるので、
よりスピードが遅くなるけれども、よりミスを繰り返す状況になります。

 

だから、何度も怒られました。

「なんでお前はこんな仕事もできねーんだよ!」
と怒鳴られ続ける。

「いや、いつも1人でやってる時はミスしないんですけど。。泣」
とは言いたいけれども、言うこともできない。

 

そして、この「優柔不断」という悩みは昔からかなり悩みの種でもありました。

 

優柔不断でどうしようもなかった学生時代

 

僕が大学に入ってから、社会に適合できずに、ひたすら悩み続けることになります。

・簡単なアルバイトですら疲れてしまう。長時間働き続けることが苦手
・友達と面白い冗談やギャグを話すことができない
・満員電車に乗れない、人混みに行くと体調を崩してしまう

こんな状態だったからこそ、僕は大学時代に悩み続けていました。

 

今思えば、「それはHSPの症状だから・・・」と納得できるのですが、当時は全く理解ができずに1人で悩み続けていました。

「なんで自分はこんなことで疲れてしまうんだ?」
「僕は他の人と同じように楽しめないのはなぜ?」

こんな風に1人で考え込むこともありました。

 

飲み会に行っても、楽しいけど疲れてしまう。
気の利いた冗談や雑談が苦手で、人と仲良くなれない。

誰でもできる簡単なバイトですら疲労困憊してしまう。

 

自分はこの先、社会でやってけるのかな・・・・

そう考えれば、考えるほど、全く動けなくなりました。

 

大学生活を楽しむとかそういうレベルの話ではなく、「自分はこの先、生きていけるのかな・・」と常に考えるようになったのです。

 

ただ、かと言って、何か新しい行動をする勇気が出たわけでもありませんでした。

 

 

そして、僕自身、学生時代に悩み続けたのは、「迷いすぎてしまう」、「考えすぎてしまう」という思考の癖です。

 

何かをしようとしても、考えすぎてしまい、結局動けなくなるのです。

バイトを始めるにしても、何かスポーツをやるにしても、

「こんなことしてていいのかな、これを始めていいのかな、勉強しなくていいのかな。いやでもこんなことを考えても意味がないのでは?とりあえずやってみないとわからないと思うし、でも、もし実際に取り組んで失敗したら、いやそれを考えるのは無意味か、まあ、いやでも・・・・」

という感じで、ずーっと同じようなことを考えてしまうのです。

何をするにしても、考え続けてしまう。

 

何をするにしても、迷ってしまう。
始める前に迷ってしまうから、行動が遅い。

 

そして、仮に行動したとしても、「迷いすぎ・考えすぎ」るからこそ、途中で止まってしまう。

そして、気づいたら諦めてしまう。
途中で行動をやめてしまう。

その度に僕は自分に何回も幻滅しました。

 

「一度決めたはずなのに、、、迷って迷って、結局やめてしまう。。。。もう嫌だ。。。。」

僕は常に行動をやめてしまうごとに、自分のことが嫌になって行きました。

 

行動したとしても途中で必ず考えてしまうわけです。

「自分は本当にこんなことをしてて良いんだろうか?」
「これをやっていて、自分の為になるんだろうか?」
「こんなことをしている場合じゃ、実はないのでは?」

 

ある程度、成果が出たとしても。。。。。

「本当にこれをやってて、自分は楽しいのかなあ」
「これだけ、時間使って、これしか成果出てないのか」
「あー、もっと頑張った方がよかったのかな」

などと考えこんでしまいます。

 

行動する前でも、悩み考え続けてしまい、
行動中でも、悩み考え続ける。

成果が出た後でも、悩み考え続ける。

 

こんな状態だったら、途中で必ず挫折しますし、まともな結果が残せるわけでもありません。
だからこそ、僕は中途半端な状態で終わってしまってました。

 

そして、この悩み癖はネットビジネスを始めてからも同じでした。

 

ネットビジネスに全力を注いで、勝負をかける

 

僕がネットビジネスを知ったのは大学生の頃でしたが、その時から、ネットビジネスに全力を注ぐことを決めました。

今ではこうして稼げるようになりましたけど、当時は本当に迷い、悩みの連続でした。

「これ本当に稼げるのかな?」

「稼いだとしても家にヤクザが来たりするのでは?」←今、思うと意味不明

「自分は騙されてるんじゃないだろうか?詐欺に合ってるのか?」

「実は新興宗教の勧誘なんじゃないだろうか?」

「自分なんかにできるのかな・・・・」

 

始める前はずーっとこんなことを思っていました。

 

そして月に5万、10万増えるようになった後も、

「このままやって、稼げるようになるのだろうか?」

「本当に収益が上がっていくんだろうか?」

「もう、こんなことをやめて、普通に暮らした方が良いのでは?」

「これで稼げなかったらどうしよう・・・」

 

こんな感じで僕は悩み続けていました。

 

そして、僕が一番、悩むきっかけになったのは、月に50万ほど稼げた時です。

「これで本当に自分はずっと稼げるのだろうか?」

「今、自分がネットビジネスを今後もやり続けた方が良いのだろうか?」

「もっと他のビジネスに取り組んだ方がいいのでは?」

「これからもずっとネットビジネスを続けるのか?」

 

こんな感じで1人悩み続けました。

 

結局、いくら稼いでも僕は1人で悩みましたし、考え込んでしまいました。

 

でも、そこでやめてしまったら、また中途半端で元通りになるということがわかってました。

だからこそ、全力で取り組み続けました。

「ここで悩んだら終わりだ!!!!」

 

そう思った僕は、心のシャッターを下ろして、1人で黙々と作業を続けたのです。

すると、すんなりと100万を超えて、楽に稼げるようになったのも事実です。

 

そして、僕はこの時に、「中途半端を脱した感覚」を得ることができました。

 

結局、何をやっても悩むのだから、考えるのをやめる

 

僕がこの経験から思うのは、「結局、何をやっても迷うし、どんなに結果が出ても悩む」ってことです。

僕自身、月に50万とか稼げてたのに、普通に悩み続けてましたから。

 

やはり、HSP気質が影響しているのか、悩むことが非常に多かったです。

 

でも、本当に何をやっても迷います。
だから、とりあえずやってみて後から考えるしかない。

そして、とりあえず、やってみる。
とりあえず、挑戦してみるというマインドがあれば、「中途半端さ」は次第に消えていきます。

 

僕は本当に優柔不断でしたが、、、

 

そして、僕はやっぱり、これまでの人生人一倍、無駄に悩んできたと思います。

いらんことで悩んできましたし、あれやこれや無意味な思考をし続けてきました。

 

だからこそ、優柔不断すぎる自分が嫌いだったのですが、僕はネットビジネスをずっと継続して突き詰めたことによって、本当に人生が変わったと思います。

 

今までの中途半端な自分を変えるために、僕はネットビジネスで突き抜けることに決めました。ひたすら、迷って、止まり続けてきたからこそ、たった1つを長く続けようと思ったのです。

 

そうしたら、あっさりと、稼げるようになりました。

 

この、「迷う問題」「悩み続ける問題」は、この先もずーっと出てくると思います。。

 

ただ、良くも悪くもそれがネットビジネスで解消されたかなーと、
個人的には思うわけです。

最後に

 

こんにちは、ひろむです。

僕は、HSP(Highly Senstive Preson)と呼ばれる「繊細で神経質」な気質を持っていて、社会に馴染めず、人生に絶望していました。

 

今では、ネットビジネスでブログを使って、毎月100万以上稼いでいます。

「ネットで月100万稼いでます!」なんて言うと、「胡散臭い。。。」と思うはずです。

 

昔の僕だったら
「月100万稼ぐとか詐欺に決まってんだろ。。。」
「ありえねーわ!」
と拒絶反応が出ていたと思います。

 

ですが、実際に僕はブログを使って稼げるようになって、ストレスフリーに毎日を送れるようになりました。

 

HSPの気質があったこともあり、

・定時で帰れる簡単な仕事ですら疲労困憊してしまう
・イライラした人や落ち込んでる人が近くにいると、疲れてしまう
・マルチタスクの仕事ができず、上司の些細な言葉で傷ついてしまう

という生き辛い毎日を送っていました。

 

「なんで自分は他の人のように仕事ができないんだ・・・」
「どうして、僕はこんなに疲れてしまうんだろう・・・」
「楽しいはずなのに、どうしてこんなに苦しいんだろう・・」

と心が常にざわついていました。

 

「自分は社会で、この先やっていけるのだろうか?」と何度も不安になり、「死んだ方がマシなんじゃないか・・・」と何度も死にたくなっていました。

 

ですが、ネットビジネスを通して稼げるようになり、
毎日の生き辛さから解放され、
心も表情も変わっていき、前向きになれるようになりました。

 

お金も十分稼げるようになったことから、
満員電車にも乗らずに済むようになったし、
イライラしてる上司と仕事することもなくなりました。

 

行きたくもない飲み会に行く必要もありませんし、
家で昼までぐっすりと寝て、毎日本を読んだり、
温泉旅行に出かける生活を続けています。

 

「ひろむさんは本当に変わりましたね!」
「数年前とは別人みたいです!」
「人ってこんなに変われるんだなって希望を持ちました」
と昔の知り合いからは言われるようになり、
本当に人生を変えることができました。

 

 

僕はこれまで生き辛い人生を送ってきましたが、
自分の経験を元に、

「無理して生き辛い社会に合わせる必要はない!」
「嫌だったら会社から逃げていい!」
「繊細で敏感な人でも生きれる環境はある!」
という思いを込めてブログを作りました。

 

「ビジネスを通して人は変わることができる」

僕はそう思っています。

 

そして、僕のHSPで悩み続けた過去や、経歴をブログ読者の方限定で話しています。

 

・HSPで毎日の生き辛さに絶望した僕が何をしたのか?
・なぜ月に100万以上を稼いでストレスフリーに生きてるのか?
・なぜ毎日を楽しく過ごすことができるようになったのか?

 

これを以下の講義で学ぶことができます。

 

軽く読み流すだけで勉強になる内容を話してるので、
是非目を通してもらえればと思います。

 

▽下の画像をクリックすることで、無料でダウンロードできます
画像の説明文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です