ホワイト企業だと思って、入社したら、ブラック上司に全裸でゴミ焼却場に入らされて学んだこと

こんにちは、ひろむです。

今回は少し僕のぶっ飛んだ話をします。

僕が会社時代にかなり苦労した話で、
かなり怖い上司に悩まされながら、

営業をして、ゴミ焼却場に、
全裸で入った時のことです。

少し説明してきます。

 

全裸でゴミ焼却場に入って発狂しました

 

僕は自分が全く働ける自信がなかったので、
ホワイトと呼ばれる会社に入りました。

ホワイトで有名な会社でした。

少しWeb系の業務も入っていたのですが、
そこで入社したら、コンサルティング営業の、
仕事に回されることになります。

 

で、クライアントがまさかの・・・・・

「ゴミ焼却施設を持っているプラント会社」

でした。

 

僕自身は、この時かなり嫌でした。

「プラント会社ってマジで無理なんだけど。
絶対に臭いじゃん・・・・・・・」
と僕は恐れていました。

 

小学校の時に施設見学に行った、
近所のゴミ焼却場は臭かった記憶しか、
なかったからです。

 

で、僕自身、ゴミ焼却施設に、
営業で回ることになったのですが、
どうしても、やはり匂いがきつかったです。

施設の中なので、そこまでではないのですが、
少し鼻が敏感なこともあり、
匂いに気づいてしまうという。。。

 

僕自身は営業の立場だったので、
話をするだけのはずだったのですが、

実際に、その施設の人と話をする過程で、
すごく仲良くなってしまったんです。

仲良くなったというか、
相手がおしゃべりだったので、
僕が一方的に聞いてただけです。

 

そうしたら、飲みに誘われたりとか、
話しかけられることが増えたりとか。

HSP典型のあるあるですね・・・・
話に付き合わされて疲れてしまうパターン。

 

 

僕はもろにこれに当てはまってました。

 

そして、その施設の所長が、
こう僕に言ったのを覚えています。

「ひろむくんさあ、ちょっと一回焼却場の中に入ってみない?」

 

え?????

え・・・どういうこと・・・

 

ゴミ焼却場の内部・・・・?

絶対臭いじゃん、

イヤダイヤダイヤダイヤダイヤダ

いやだ!!!!!!!

 

「あ〜、ちょっと今日は急いでるんで〜〜〜〜、また次回お願いします!!!」

 

なんとかこれで逃げ切りたい・・・・

 

 

所長「そっかあ、じゃあ、次回入れるように用意しておくね!ひろむ君は色々お世話になってるから、中も今度案内してあげるよ!!!!!!!!!」

僕「!?」

所長「いや、いつも話とかお願い聞いてくれるからさ」

僕「いや、あのその。。。。(どうしようこのままだと終わる)」

 

所長「まあ、そんな遠慮すんなって!!!!次回用意しとくから!!!」

僕「・・・・・・」

 

終わった・・・・・・・・・・・・

 

絶対にこれは逃れられない。

僕はもう終わりだ。

 

その所長の所にはまた来週向かうことになっている。

なんとしてでも、入るのを拒否したいが、これは無理そうだ・・・・・

 

さらに、話を聞くと上司からの後押しもある。

「営業をする立場として1回は入っておけ」

 

そう言われた僕はついに、大人しく入ることにした。

 

この時のことを思い出すと、吐き気がしてきます。
よほど、トラウマになってるのかもしれません。。。。。

 

結果、僕は帰宅後、二日間家で寝込むことになりました。

HSPで敏感かつ、潔癖症の僕にとって、
ゴミ焼却施設の中は無理でした。

 

・ゴミが発酵しているからこの世のものとは思えない悪臭←これが一番きつい
・常に動き続けるクレーンや機械のうるさい音
・ちょっと足を滑らしたら命の危険があるような施設
・重い機械を動かしたり、重い機材を背負ったりと超肉体労働

 

そして、僕がゴミ焼却場の中に入る時は、
「タイベック」という防護服を来て、
全裸で突撃することになりました。

タイベックはこれ↓↓↓↓

なぜ、全裸なのかというと、
服に匂いがしみつくからとのことw

全裸になったのは一瞬でしたが、
本当に発狂しそうでした。

 

「なんでこんなことをしないとあかんのだ・・・・」

僕の頭の中にあるのはこの言葉でした。

 

「ホワイトな会社って聞いてたのに・・・」
「ホワイトな会社って聞いてたのに・・・」
「ホワイトな会社って聞いてたのに・・・」
「ホワイトな会社って聞いてたのに・・・」
「ホワイトな会社って聞いてたのに・・・」
「ホワイト企業ゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ・・・・・・」

と僕の頭の中にあるのはこの言葉だけ。

1人で泣きそうになりながら、
施設に入ったのを覚えています。

そして、帰宅途中僕は電車の中で、
1人で泣いてしまっていました。

なんでこんなことをしてるんだろう。

なんでこんなことを僕がしないといけないんだろう。

 

 

もう、こんな仕事やりたくない。

 

この時点で絶望していたことを覚えています。

ブラック上司が怖すぎて、人生に絶望

 

僕の絶望はこの営業の1件だけでは終わりませんでした。

僕が会社に入ってから辛かったのは、
圧倒的に怖い上司の存在です。

その上司は

「頭の回転が異常に早い&仕事ができる」

という超エリートな人だったわけです。

そんなエリートの人から僕は教わったのですが、
マジで仕事ができずに毎日、怒られまくってました。

「なんでさっさと仕事を終わらせねえんだ!!!」
「この仕事はいつまでかかるのかな?」
「優先順位が違うだろ、先にこっちの仕事をやれ!」

などなどボコボコに言われたわけです。

 

確かに悪いのは自分でした。

その上司が悪いわけでは全くなくて、
僕がミスを連発しただけです。

だからこそ、苦痛で仕方がありませんでした、

 

「なんで僕は仕事ができないんだろう・・・・」
「なんでこんなにみんなに迷惑をかけるんだろう・・・」
「僕がいたって逆に迷惑になるだけじゃないか・・・・」

常にこう思っていました。

 

ただ、その上司は異常に頭の回転が早いことから、
会社の中でもトップレベルに優秀と評判でした。

そのような人から教わったことは、
幸運でもありましたが、

当時の僕はかなりきつかったです。

 

マルチタスクや指示に、
なかなかついていけないのです。

 

だからこそ、僕はひたすら絶望しました。

 

「こんなはずじゃなかった・・・・・・」

僕はただ、ひたすら会社で絶望し続けていたのを覚えています。

 

このままじゃやばいと思って、ネットビジネスを開始

 

「このままの生活じゃマジで辛い・・・・」
「一生、今の職場で働き続けて人生終わる」

そう思った僕は、危機感を覚えて、
ネットビジネスの作業に打ち込みました。

 

コツコツとブログ記事を作成し続ける。

記事を書いてサイトを作って、
報酬が出る仕組みを作りました。

なんとしてでも今の状況がまずいと思ったのです。

 

「この会社にい続けたらうつ病になって死んでしまう・・・・」

そうしたら、意外とあっけなく月収80万を突破して、稼げるようになったのです。

 

僕個人としても拍子抜けでした。

「会社の仕事に比べたら楽すぎる・・・・」
「怖い上司もないし自分の努力だけでなんとかなってしまうのか・・・」

僕は1人で驚愕した覚えがあります。

 

ですが、やはり1人で稼げてしまったのです。

それからは非常に快適な生活が続きました。

朝起きるのも自由ですし、友達とずーっと遊ぶもよし、恋人と過ごすもよし。

 

怖い上司に怒られることもありませんし、
ゴミ焼却場に突っ込まれることもありません。

完全自由です。

 

「今まであんなに苦労してたのは
逆になんだったんだ・・・」

そんな風に1人で思うほどでした。

 

会社だったら毎日必死に働いて、
上司から怒られまくって、
20万円が1ヶ月で稼げる程度。

 

それに比べたら、ネットビジネスは、
自分のペースで働くだけで、
月に80万とか100万とか、
そーいう金額が稼げてしまう。

正直、意味不明すぎます。

毎日、必死に働く必要もなく、
温泉旅行に行ったり、
豪華なレストランに行ってる時も、
報酬が入ってくるようになります。

 

だからこそ、自分の人生の選択肢が広がるわけです。

「自分でお金を稼げば人生は変わる」
この時に僕はそう痛感しました。

 

ホワイト企業でも、周りに嫌な上司や同僚がいたら意味がない

 

大学生の頃の自分は、
「HSP 適職」でひたすら、
Google検索をしてたことを覚えてます。

それで僕は、ホワイトそうだったり、
残業が少なめだったり、
安心そうな会社に行けばいいのかなと、
僕は思っていました。

 

だからこそ、僕は就職した時は、
「ホワイト企業」と呼ばれる会社に、
入ることにしました。

 

「これで、なんとかなるだろう・・・」

そう思っていた僕は思わぬしっぺ返しを食らうことになります。

どんなにホワイトな会社だろうと、
周りに嫌な上司いたり、
部署異動があれば無意味です。

 

ホワイト企業といえども、
会社にいる人間が全員ホワイトかと言えば、
それはさすがにありえません。

 

どんな場所にも苦手だったり、
怖い上司は必ずいます。

 

だからこそ、
「今の上司や職場が合わないから転職をしよう!」
としたところで、

結局、次の職場で出会う可能性も、
あるってことです。。。。。。

もちろん、うざい上司なら速攻で、
問答無用で逃げるべきだとは思いますが、
その可能性も理解しておいた方がいいってことですね。

これを僕は身を以て学びました、

 

適職に就いても、周りに嫌な上司や同僚がいたら意味がない

 

そして、これは僕の知り合いなのですが、

「事務職で書類整備がメインの仕事」を、
やっている人がいます。

彼は

「HSP気質があって人と多く会ったりする仕事は苦手」
「それよりも、ルーティンワークが多めで自分で完結する仕事が良い」

と話していました。

 

「なるほど、確かにそれなら、良さそうだ」
と思ったのですが、、、、、

彼はその職場に転職して1年くらいで、
辞めてしまったそうです。

 

何故なのかというと、、、、、、
「書類整理の仕事はできても、
会社の人間関係が面倒臭すぎる」
とのこと。

確かに、彼は書類整理の仕事は、
順調に取り組めていたそうでした。

業務の面ではあまり問題がなかったそうです。

しかし、常に上司がイライラして、自分の先輩と、
喧嘩しまくってるし、女性同士のやりとりや、
いじめとかがかなり面倒とのこと。

普通にいじめもあるし、付き合いの飲み会も、
かなり多かったりと、

HSPの彼にとっては、
全くついていけないことばかりだったそうです。

これ恐ろしいですよね。

 

仮に適職に就けたとしても、
人間関係や職場環境のせいで、
辛くなってしまうパターン。

 

「俺は適職に着けばなんとかなると思ってたけど、実際は違った。仕事が合っても、人間関係とか職場環境が崩壊してたら、本当に大変。毎日死にそうだった。」

とのこと。

 

「HSPの適職に就く=安泰」ではない。

これを学びました。

 

自分1人で稼げるスキルがあれば全てが変わる

 

ただ、HSPの適職を僕は否定するわけではありません。
結局のところ、自分1人で稼げるスキルがあるかどうかだと思うのです。

 

HSPの適職には、
カウンセラーとかコーチとか、
芸術家とか、プログラマーとかありますよね。

 

あーいうのも、会社組織に入って、
仕事をしていったとしても、

そこで嫌な職場環境があったら、
一気に苦しくなります。

 

ただ、自分1人でフリーランス、
起業家として活動できれば別です。

もし、自分で稼げるスキルを持ってたら、
全く苦労することはありません。

そして、逆に言えば、適職に就いてなくても、自分1人で仕事をしていたら、HSPの人は満足できます。

 

「やりたい仕事を組織でやる<<<<<自分1人で何かしらの仕事をする」

このパターンが結構多いんですよね。
だからこそ、僕はHSPの適職を探すのではなくて、
自分1人で稼げるスキルを身に付けることを推奨してます。

それで、稼げるスキルを手にしたら、
自分が情熱を持てることで、
仕事をしていけば良いのです。

別に「稼ぐまではやりたくないことでもやれ!!!」とか言うつもりはありません。

「自分が情熱を持てる仕事に取り組むためにネットビジネスを学ぶ」と言うことを推奨してるわけです。

 

僕はHSP気質が強かったせいで、会社や組織で働くことができませんでした。

他の人なら誰でもできる仕事ができなかったし、
毎日何回も怒られ続けていました。

だからこそ、
「僕は組織で働くのは不可能な人間なんだな」
と思ったのです。

もう、自分はネットビジネス以外に生きていく道がない。

ってレベルまで後半は追い込まれてました。

 

だからこそ、やったわけです。

 

でも、そうしたら本当にあっさりと、
お金を稼げるようになったし、
人生変わったなと思います。

適職を探すよりも個人で稼げるスキルを身に付ける。

これが全裸タイベックの話を通して伝えたかったことです。

 

最後に

 

こんにちは、ひろむです。

僕は、HSP(Highly Senstive Preson)と呼ばれる「繊細で神経質」な気質を持っていて、社会に馴染めず、人生に絶望していました。

 

今では、ネットビジネスでブログを使って、毎月100万以上稼いでいます。

「ネットで月100万稼いでます!」なんて言うと、「胡散臭い。。。」と思うはずです。

 

昔の僕だったら
「月100万稼ぐとか詐欺に決まってんだろ。。。」
「ありえねーわ!」
と拒絶反応が出ていたと思います。

 

ですが、実際に僕はブログを使って稼げるようになって、ストレスフリーに毎日を送れるようになりました。

 

HSPの気質があったこともあり、

・定時で帰れる簡単な仕事ですら疲労困憊してしまう
・イライラした人や落ち込んでる人が近くにいると、疲れてしまう
・マルチタスクの仕事ができず、上司の些細な言葉で傷ついてしまう

という生き辛い毎日を送っていました。

 

「なんで自分は他の人のように仕事ができないんだ・・・」
「どうして、僕はこんなに疲れてしまうんだろう・・・」
「楽しいはずなのに、どうしてこんなに苦しいんだろう・・」

と心が常にざわついていました。

 

「自分は社会で、この先やっていけるのだろうか?」と何度も不安になり、「死んだ方がマシなんじゃないか・・・」と何度も死にたくなっていました。

 

ですが、ネットビジネスを通して稼げるようになり、
毎日の生き辛さから解放され、
心も表情も変わっていき、前向きになれるようになりました。

 

お金も十分稼げるようになったことから、
満員電車にも乗らずに済むようになったし、
イライラしてる上司と仕事することもなくなりました。

 

行きたくもない飲み会に行く必要もありませんし、
家で昼までぐっすりと寝て、毎日本を読んだり、
温泉旅行に出かける生活を続けています。

 

「ひろむさんは本当に変わりましたね!」
「数年前とは別人みたいです!」
「人ってこんなに変われるんだなって希望を持ちました」
と昔の知り合いからは言われるようになり、
本当に人生を変えることができました。

 

 

僕はこれまで生き辛い人生を送ってきましたが、
自分の経験を元に、

「無理して生き辛い社会に合わせる必要はない!」
「嫌だったら会社から逃げていい!」
「繊細で敏感な人でも生きれる環境はある!」
という思いを込めてブログを作りました。

 

「ビジネスを通して人は変わることができる」

僕はそう思っています。

 

そして、僕のHSPで悩み続けた過去や、経歴をブログ読者の方限定で話しています。

 

・HSPで毎日の生き辛さに絶望した僕が何をしたのか?
・なぜ月に100万以上を稼いでストレスフリーに生きてるのか?
・なぜ毎日を楽しく過ごすことができるようになったのか?

 

これを以下の講義で学ぶことができます。

 

軽く読み流すだけで勉強になる内容を話してるので、
是非目を通してもらえればと思います。

 

▽下の画像をクリックすることで、無料でダウンロードできます
画像の説明文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です